• Home
  • /
  • 東京で家族葬を希望しているとき

東京で家族葬を希望しているとき

東京都にある斎場にて家族葬を希望しているときには、家族葬にたいおうしてくれている斎場がどこにあるのかということを調べておく必要があり、斎場によっては対応しきれない葬儀の方法もあるため、利用したいと考えている斎場は前もって調べておくといった方法をとることが望ましいとされています。葬儀の方法には、遺族の希望であったり、なくなってしまった者の希望により執り行われることが多く、葬儀は亡くなったものへの最後のお別れの場所となることから、希望している葬儀をなるべくはしてあげたいと考える遺族のかたが多いため、まずはどのような葬儀がしたいのかを明確にし、どのような葬儀ができる斎場なのかを調べ、自宅からの場所やどれくらいの費用がかかるのかということを調べておくことで、満足のいく葬儀を執り行うことが可能となります。

しめやかに家族葬で送ることができる東京の斎場

お亡くなりになった方を偲ぶ方法には様々なやり方があります。盛大に見送るのも一手段ですが、故人と本当に親しかったご遺族だけで見送ることも、またひとつの方法です。最近ではお亡くなりになったご当人が生前に、遺言として葬儀を家族葬とするように残されているケースも見受けられます。生前殆ど縁がなかった人に見送られても供養になるわけではないと、虚礼を廃止したいというご希望が増えているようです。東京には大小さまざまな斎場がありますが、それぞれの斎場によって得意とする葬儀のスタイルがあります。こじんまりとした家族葬を望まれる場合には、そのプランがしっかり用意されている斎場を探したほうが良いでしょう。また、告別式後にご遺族がすぐに火葬場に移動することを想定した場合には、火葬場併設の東京都内の斎場を探す必要もあるでしょう。

東京で家族葬ができる斎場

一般的に家族葬というのは、ご遺族やごく近しい親族のみが集まって故人をしめやかに見送る場とする方法です。費用面でのメリットだけではなく、故人と本当に近い関係の方々だけが集合する場となることにより、ご遺族の負担、特に喪主の方の精神的・肉体的な負担を軽減することができる葬儀スタイルとして、最近ニーズが高まってきています。家族葬の場合には通夜と告別式を一緒に行なって、一日だけの葬儀とするケースもあります。葬儀にかかる日数が短縮できることは、葬儀にかかるストレスを弱めてくれることにつながりますので、決して簡略化だけを目的としたものではありません。東京で家族葬を行なえる斎場は多数ありますが、おおむね寺ではなく斎場を会場とすることが多いようです。立地については、参列者を気にする必要は特にありませんので、ご遺族が一番利用しやすいアクセスを選ぶのが宜しいでしょう。

Back to Top